• スライダースライダー
  • スライダースライダー
絶対に合格するって決めた 驚きの高合格率を達成中! 2019年度大学合格率97.2% 2019年度看護学部合格率100%
大学受験(特に英語/国語・数学も記述式へ)大きく変わる
HASHIKEN式勉強法×ICT教材×プロ教師陣で万全!
英語4技能
  • 読解
  • リスニング
  • ライティング
  • スピーキング
効果的にご指導いたします。
小・中・高・大学・社会人になっても使える資格の取れる
合理的指導法を開発しています。
合格実績で証明された成果です
国立大・私立医学部にも合格者輩出中!
  • 【国際教養大 合格】
  • 戸山 心君
英語の最難関大へHASHIKENの的確な指導で見事合格
TOEFL100点超え、当日の英語・日本語の面接試験にも落ち着いて対応できました。個別指導でTOEFL英・日の面接指導をしてもらい、20倍の超難関大に合格して、HASHIKENの指導力の高さを実感しています。
  • 【早稲田大学教育学部 合格】
  • 澤地 生紗さん(県立橋本高)
本当に役立った勉強法小論文講座
HASHIKENの特徴あるシステムで自分を合格に導いてくれたものが二つあります。一つは勉強法の指導で、この内カラーマーキングにより勉強の効率が大きく変わりました。さらに、塾で作ってもらった合格プロジェクト表は私をとても救ってくれました。これらを徹底したことにより、学校の内申も大きくアップし、偏差値もとても上がりました。二つ目は、オリジナルな小論文対策です。他とは全く異なると感じたのが先生と生徒とのディスカッション制で、現代の社会情勢を学べたことです。本番でも既習の「異文化理解」が出され、自信を持って答案を書けました。思わず〝勝った″と思いました。この塾で学んだことは大学はもちろんこの先間違いなく活かせると確信しています。
  • 【東大文Ⅱ 合格】
  • 加藤 剛君(都立国立高)
高2から本格的に東大対策実行・勉強法はノート作成で見事東大突破
志望校の東大に合わせた最適な教材が出る所が強かった。そのプロジェクト表に従って計画的に勉強ができた。カラーマーキングは暗記系に強く、マーキングすることで一目で重要な所がわかります。また数学総合の授業は、数学力だけが鍛えられるのではなく、国語力・スピーチ力も問われるから論理的にわかりやすく相手に説明する力をつけることができた。自習室も充分活用でき、しっかり勉強時間を確保できました。

トップ私立中・難関高
東大・東工大・一橋大・医学部・早稲田大・慶応大

超難関大へ続々合格の秘密は
勉強法にあります!

HASHIKEN(ハシケン)-橋本進学研究会・橋本高等予備校は、45年間にわたり、受験を指導している中学生・高校生・高卒生のための学習塾&予備校です。
今の成績から志望校までの道のりを綿密に逆算した『君だけのカリキュラム』で合格まで到達する“完全個別型授業”により、難関校はもちろん医学部・医療系にも高い合格率を獲得しています。

超本格的個別指導HASHIKEN方式とは
  • 9つの勉強法
  • img01
    「この勉強の仕方で合格ができた」といった成績向上や合格力養成に必須のハシケン独自の勉強法
  • プロジェクト表
  • img02
    合格に必要な「何を」「どのくらい」勉強すればよいかを一人ずつ作成した学習計画表
  • 受験コンサルタント
  • img02
    受験ノウハウからメンタルケアまでトータルにアドバイス
  • プロの講師
  • img02
    東大・医学部から高校入試まで指導経験豊富なプロ・セレクト講師陣
 看護学部合格率100%達成中 東京医科大学医学部看護学科・北里大学看護学部・杏林大学保健学部臨床検査技術学科​ 等難関看護学部ぞくぞく合格! 今からでも間に合う絶対合格プラン作成 一人一人に合わせたMy Projectだから安心して合格へ一直線 ベテラン講師陣がガッチリわかりやすく指導​
見てください!この高合格率!
1、慶應義塾大学法学部
2、中央大学法学部
3、中央大学経済学部
4、中央大学全学部
5、中央大学文学部 2名
6、中央大学総合政策学部
7、青山学院大学総合文化政策学部
8、青山学院大学文学部
9、法政大学国際文化学部
10、東京医科大学医学部看護学科
11、北里大学看護学部
12、杏林大学保健学部臨床検査技術学科
13、國學院大學文化学部
14、明星大学理工学部 他
祝合格
見てください!この高合格率!
1、慶應義塾大学法学部
2、中央大学法学部
3、中央大学経済学部
4、中央大学全学部
5、中央大学文学部 2名
6、中央大学総合政策学部
7、青山学院大学総合文化政策学部
8、青山学院大学文学部
9、法政大学国際文化学部
10、東京医科大学医学部看護学科
11、北里大学看護学部
12、杏林大学保健学部臨床検査技術学科
13、國學院大學文化学部
14、明星大学理工学部 他
sakura
今回のテーマ
推薦入試
img

毎年、入試が迫り来るこの時期に推薦入試の合否の知らせが飛び込んできます。推薦といっても指定校制推薦、公募制推薦、そしてその公募制推薦も種類があり、多岐に渡ります。
今年も数名合格の知らせがありました。
毎年合格の知らせを聞くたびに感じるのですが、合格する生徒さんには共通点があるのです。
大概が「このペースで学習していれば一般入試に間に合うな」という勢いで勉強している子達 ばかりなのです。
逆に受験勉強の負荷から逃げるようにして推薦入試を受ける子達は残念な結果に終わることが少なくありません。
そして推薦入試の勉強をするからと、一般入試向けの勉強を中断するケースが多いので…結果は想像できますよね。

大学の推薦入試担当者がどうやってその根底にある「入試に対しての覚悟」を見抜くのかなぁと思いますし、そして、見抜けるものなのだと感心してしまいます。

今年、公募推薦入試合格を勝ち取った生徒さんの体験記を写真で載せました。詳しく読みたい方は「合格体験記」を読んでくださいね。

合格したのだから勉強はやめてもいい?
ハシケンでは合格をゴールだとはしていません。
4月に大学で顔を合わせる同期の大学生たちは1月2月まで身を削る勉強をしてきた子達です。新しいスタートの時点から出遅れるわけにはいきませんね。
合格を一緒に喜んだ後は他の受験生たちと同様の厳しさで大学に入ってから学ぶであろうTOEFLやTOEICなども先取りして指導します。

学びは続くのです。

topics